結婚相談所は今も最後の砦?

千葉県柏市の未来型結婚相談所シュクル

婚活ソーシャルワーカーの佐藤祐佳です

 

その昔、結婚相談所は

「結婚するための最後の砦」

と言われてました

 

自分の力では結婚できないから

人の力を借りて相手を見つけるという

印象を今も持っている人が多く、

 

そこまでして結婚したくない!と

結婚相談所アレルギーを持っている人も

少なくありません。

 

 

今はネットが生活するうえで必要不可欠。

行きたいお店も、会う人の事も

事前に調べられる時代

 

たくさん情報がある中、

そのエビデンス(根拠)が正しいのか知りたい

というのが求められています。

 

 

その中で言えば

結婚相談所ではお会いする前に

相手の情報が分かり、

そのエビデンスは仲人(私達)が

公的証明書や面談でもらっている

 

結婚相談所の在り方が

昔と今で大きく変化しています。

その安全性や身近に相談できる人がいて安心と

あなたが普段関わるところにいる人が

結婚相談所を使い婚活する。

 

ただ婚活をしている事、

どんな方法を使っているかはなかなか話せない。

(これは合コンもアプリ婚活も同じですが)

 

このような背景から結婚相談所は

会員数は年々増えており、

失敗(離婚)をしたくないと、真剣な人がたくさんいます。

 

そのため皆さんが思っているほど

最後の砦だから簡単だと思っていると

痛い目に遭います。

 

もちろん昔ながらのルールは存在し、

今の時代に合ってないこともたくさんあり、

そこを考えることや見直すことはあります。

 

ですが、

結婚相談所=モテない人が行くところ

結婚相談所=最後の砦

というのが時代の流れとともに

変化していることを

気に留めていただければ嬉しいです。

 

※結婚相談所で相手をどうやって探すの?と

気になった方はこちらから体験できます

良縁ネットお試し検索画面

(個人情報入力せずに検索できます)