成婚の定義は場所によって異なる

千葉県柏市の未来型結婚相談所シュクル

婚活ソーシャルワーカーの佐藤祐佳です。

 

婚活支援の仕事での成績と言われる1つに成婚率というのがあります。

これは文字度通り、結婚が成立できた数字のことです。

ここの数字が高ければ高いほど「結果が出るいい婚活サービス」という印象に見えるのですが、

サービスを提供するところによって成婚の定義が異なる場合があります。

 

未来型結婚相談所シュクルを始め、

全国に点在とする結婚相談所連盟に加盟している結婚相談所の多くの成婚の定義は

・プロポーズをされた(した)

・同棲を始めた

・婚前交渉(性的関係)をもったなどの

ある程度の深い関係になった場合に成婚とみなしていますが、

(他に定義が追加されたり、意味合いが異なるところはあります)

 

マッチングしたら成婚!としているところもあり、成婚の定義は定まっていません。

(マッチングしただけとプロポーズをされたでは大きく違いますからね…)

 

 

また、成婚が高いと

「私もここならば結婚できるかも…」と思う人もいますが、

成婚率が高い≠結婚できるというわけではありません。

それは出会う相手は人それぞれ違うのと、相手に求めるもの、その後の人生が違うので

そこがみんな同じ結果になるというわけではないのです。

 

どうしても数字がいいとよいかなと思ってしまいますが、

何があなたの人生で大切なことなのか、それはどんな風になったら叶うのかを考えてみてくださいね。

 

※こちらの記事がお役に立ちましたらシェアやコメントいただけると大変喜びます♪