婚活につかれた時、婚活の休み方

千葉県柏市の未来型結婚相談所シュクル 佐藤祐佳です

 

婚活疲労という言葉があるのをご存知でしょうか?

文字通り、「婚活からくる疲れ」の事なのですが、

 

出会いの場に行ってもいい人がいなかったり、

思ったような結果にならずにいたとき

失恋の痛みなど

 

人付き合い+人を好きになる感情があるので、

上手くいけばバラ色ですが、うまく行かなければ谷に突き落とされた感じになる場合も。

 

私も経験者なので、あの思いは本当につらいもの。

もう婚活を一時的に辞めてしまおうかと思う時もあります。

 

婚活を休んでしまうことは簡単なのですが、

休んでしまうと戻るタイミングがつかめず、そのままずるずると休眠状態になり、

このまま(活動しなくても)いいか…となってしまいがち。

 

結婚しないというのであれば、その選択でよいのですが、

もし1パーセントでも結婚したいと心の底で思っているのであれば、

正しい婚活の休み方をすることをお勧めします。

 

1.期間を決めて休む

夏休みのような長い休みをどのように過ごすか決めてないと、

夏休みが終わる直前に駆け込んで宿題をする羽目になったというように

人は目標を決めないと予定通りに勧めることができないもの。

なので、しっかりいつからいつまでお休みする!と決めてしまうことが良いです。

また休む期間は休み前と休み明けの変化が少ないおおむね3か月以内をお勧めしてます。

休みすぎてしまうと浦島太郎状態になることも…

 

2.婚活休み中は一切アプリや連絡などをしない

中途半端に婚活アプリや婚活サイトを開いてしまうと、

さらなる婚活疲労を起こしてしまう可能性もあるので、休む時はしっかりと休む

婚活疲労を起こさない環境を作る事が大切です。

 

3.休み中は好きな事をする

婚活疲労を起こしているときは心と体の充電が切れかかっている状態

その時に必要なことは好きになることを充電することです。

 

好きになる気持ちは婚活をするうえで前に進むために必要な原動力。

婚活疲労を起こさない環境を作る事も大切ですが、どのことが婚活疲労を起こすかは未知数。

これらの事を意識してみてくださいね。