婚活でタバコがNGな理由とは?

未来型結婚相談所シュクル 佐藤祐佳です

 

大人の特権であるお酒とたばこ

 

結婚相談所のプロフィールでも「お酒の摂取有無、タバコの有無」

選択式で掲載できるようになっています。

 

大人の特権のこの2つですが、

お酒を飲む飲まないはお申込みに大きい影響はありませんが、

タバコに関してはお申込みに大きく影響があります

 

その理由は3つあります。

 

1.喫煙による健康被害

これはタバコのパッケージにも記載していますが、タバコは肺がんのリスクが高まります

それは喫煙者本人だけでなく、周囲の人にタバコの煙(副流煙)が健康に影響するため

一緒になった自分にもその健康被害が来たら(嫌だ)という人は増えてます。

 

生命保険(医療保険)でもタバコの有無で保険料が変わるものもあり、

喫煙=不健康というイメージは広く多くの人の印象に根付いています。

 

2.お財布にやさしくない

近くのコンビニでこの10月からまたタバコが値上げになるようで、

タバコを扱っているお店では駆け込み買いを勧めていましたが…

1箱500円になるものもあり。学生の時(15年前)の倍の価格!と驚きました

 

1日1箱=1か月(30日)で15,000円、1年で180,000円…(1箱500円計算)結構な出費に。

家計の点でも見ると割合はかなり大きいものです。

もしそのお金を他のことに使えたら…色々とできます。

 

3.匂いの問題

これはタバコを吸ってる人は感じにくいのですが、

電子タバコや水タバコなどで吸ってもやはりにおいます。

それは吸っている口や煙を吐く鼻だけでなく、皮膚や服、髪の毛にも。

吸ってない人からすると匂いはわかってしまいます

 

ちなみにタバコを吸っている人は相手にも吸っていて構わないという人が多いのですが、 

(自分が吸っているので)相対的に吸っている人は減少しているため、

その人を探すのは至難の業であることと、

また相手がタバコを吸っている人を求めているかどうかは別の話になるので、

その考えをもってお相手探しをするのはリスクがあります。

 

先日40代のある年齢の男性の喫煙している人としてない人の数をリサーチしたところ…

非喫煙者は喫煙者の10倍多いという事がありました。

 

タバコがかっこいいものから時代の変化で吸わない方が良いものになりつつあるため、

もし結婚(婚活)を機に辞めたいと考えているのであれば、

婚活や出会いにも影響してくるため、早めに禁煙をしていた方が良いと思います。