結婚が決まるプロフィール写真を婚活で使おう

人は目に入る情報から判断する

インスタ映えやフォトジェニックという

視覚に訴えるものが世の中にあふれていて、

企業もこれらを意識したして作ることが増えてきました。

 

その中で婚活で入ってくる視覚といえば

「プロフィール写真」

ここでこの人に会いたいかどうかを判断する人は多い項目です。

 

 

プロフィール写真はスタジオ撮影がオススメな理由

ただ写真を掲載すれば出会えるという訳ではなく、

それなりの写真を掲載することが必要になります

 

それなりの写真を撮るには

フォトスタジオでヘアメイク付きでお願いすることが一番で

ここでの投資がその後の婚活に大きく変化します。

 

実際、私自身の婚活でも夫が最初に声をかけてきたのは

スタジオでヘアメイクし撮影したプロフィール写真でした。

 

※これが当時の写真です(約5年前)

 

スタジオ撮影をオススメする理由は写真を見た相手が

「きちんと(結婚を)考えて活動(=婚活)してるな)」という

印象を与えることができるからです。

 

婚活アプリでは自撮りやスナップ写真などが多いですが、

契約書や公的書類の提出など温度感が高い結婚相談所では

スタジオやロケ写真が圧倒的に多いので、目立ってしまいます。

 

またスナップ写真で周りの人の顔を塗りつぶした写真を見かけますが、

写真すら準備できないのに婚活するの…?と思ってしまいます。。

 

 

入会した際に写真撮影に同行する理由

未来型結婚相談所シュクルでは

連盟を通じて提携している写真スタジオがあります。

なるべくその撮影するときには同行して

プロフィールに掲載する写真を選んでいます。

その理由は、

ほとんどの人が自分の写真をスタジオ(もしくはロケーション)で

自分の写真を撮ってもらうという経験はあっても成人式の時位。

 

そのため、

自分の写真をたくさん撮られてそれを選ぶという作業で

どれを選んでよいか分からず

固まってしまうということが起きてしまうのです。

 

プロフィール写真の大切さを痛感している私として、

せっかくの写真を良いものを使ってあなたに活動してほしい!

(そして短期間で婚活を卒業して次のステップに進んでほしい)

このように考えています。

 

決して安いものではありません。

私自体も数万出して撮影した時に「あぁ高い…」と考えていましたが、

その翌週に夫と出会い婚活が終了しているため、

他の婚活費用での支払いがなくなったので

長期的にみて最短距離になりました。

 

もし最近活動が芳しくないな…と感じる時は

視界から入る情報を変えるとよいかもしれません。