仲人(カウンセラー)ってどんな存在?

結婚相談所の特徴に仲人(カウンセラー)がいる

数多くの婚活ツールの中で結婚相談所で挙げられる特徴の1つに

仲人(カウンセラー)というものがあります。

 

*仲人とは…?

人と人との間に立って、橋渡しをすること。また、その人。特に男女の仲をとりもって、結婚の仲立ちを務める人。媒酌人。

コトバンクより

 

これが結婚相談所の費用が高くなる原因(人件費)に繋がるのですが、

婚活アプリやパーティーなどは自分自身で決めて動くので

悩んだ時に自分で考えたり友人に相談するところを

客観的に相談することができます。

 

 

 

いい仲人の選び方とは?

これは成婚率やどのくらい会員がいるかの数ではなく

あなたと仲人との相性がいいかどうかによります。

私達も人なので、その人と相性はやはりあります。

 

例えば…

・電話やメールでのレスポンスがよい

・話しやすい

・生理的に受け付けるかどうか …などなど

これは実際に行動を起こしてみないと分からないことです。

 

無料相談や問い合わせなどで

費用を掛けずに接触する方法は色々ありますので、

まずは連絡してみることです。

 

 

仲人のいる意味とは?

仲人の数だけ考えや方針は様々なので、

一概なことは言えませんが

 

会員さんと仲人はお客様・店員の関係ではないと

思っています。

 

もちろん費用という形でお金をいただいているので、

そこでお客様ではないのか?と思われそうですが…

 

結婚相談所の活動の主体は仲人ではなく、

会員さんにあります。

 

お客様扱いしてしまうと、

会員さんの主体性を奪う結果になってしまいます。

 

一方で会員さんを教育するという仲人もいますが、

(女性らしくしなさい、活動しなさい 等)

仲人は会員さんを教育する親でも指導者でもありません。

 

そして未婚者の案件を送るだけの紹介屋でもありません

 

会員さんが困ったり悩んだりしたときに

どうしたらその悩みが解決できるかを一緒に考えて

その最終決定を会員さんに委ねる。

そしてそれを応援やサポートをする。

ここに尽きるのではないかと思っています。

仲人も色々な人がいますので、

結婚相談所で活動してみようかなと思った時には

「この人だったら相談してみたい!」という人に

出会ってみてくださいね。