就活だけではなく、学歴は婚活でも見られています

就活だけではなく、婚活でも学歴は見られている

婚活は条件から入ってしまう特性上、

リアルの場では気に留めることが少ない事でも気になってしまうという

デメリットの部分があります。

 

その中にある1つに学歴があります

 

文部科学省の「学校基本調査」 で2人に1人が大学に進学するという結果があり、

地方によって学校や人の数もあるので一概に言えないところがありますが、

大学卒業している人も相対的に増え、

それに伴い結婚する相手にも大学卒業をしている人を求める傾向にあります

 

 

自分の学歴だけなく、学校名や親の学歴を求められることも

これはハイスペックな案件に多いのですが、

大学を卒業だけではなく、※MARCH卒など、どこの大学を出ているか

親や兄弟の学歴も相手探しに関係してくることがあります。

※MARCH:明治大学、青山大学、立教大学、中央大学、法政大学

 

 

「そんな学歴なんて!」という気持ちもわかるのですが、

その方の価値観や家族の考え方も関わってくるので、

そこが合わなければ合わないと思うことも婚活をする上で必要となってきます。

 

 

女性側が上の学歴でもいいという女性はいる

これは女性側から見た話になります。

 

三高(さんこう)いう言葉があるように、

自分(女性)よりも男性に高いものを持っていてほしいという考えは今も根強くあります

 

そのため、

女性が大卒の場合には男性には大卒か大学院卒以上を求めるケースが多いですが、

自分が大卒でも相手は高卒でも専門卒でもいいという女性もいます。

 

学歴が結婚に左右するかといえば、様々な見方があるため一概に言えませんが、

今だけではなく、それまでのことも見られることがあるというのは

生き方が多様化し、こういう人を求めたいというものが一因なのかなと思ってます。

 

 

これは私の話になり参考になるかは微妙ですが、

私が結婚するときに自分の親側から夫の両親と学歴が合わず(夫側の方がずっと上)

親から「本当に(夫と結婚して)大丈夫?話合わないかもよ?」と言われたことがありました。

結婚してもうすぐ5年目になりますが、合わないことはあっても困るほどではないようです。

※当時は夫と私の学歴も夫が上でしたが、

私が大学に入り現時点で卒業見込になり同じになりました

 

 

▼おすすめ▼

婚活するうえであなたの「強みと弱み」が分かり、今日から活かせる

MQ診断はこちらからどうぞ
※診断結果を受け取るにはメールアドレスの登録が必要です。